借金返済に目途を!自力で月5万円を実現させるコツとは?

借金返済に目途を!自力で月5万円を実現させるコツとは?

186view

2018.09.11

借金返済の額「月5万円」を実現させるコツは?

返済日を給料日に設定する

現在の収入や月に必要な家賃、光熱費、食費などにもよりますが、借金を月5万円返済していくことは決して難しいことではありません。返済者が真面目に完済を目指し、前向きに生活をしていれば可能な額でしょう。

まず、借金返済のパターンを月5万円にし、返済を給料日に設定する手続きをしましょう。銀行からの自動引き落としが最もおすすめですが、振り込み形式で行う場合は一日でも遅れのないように払い込みをするようにして下さい。

返済日に遅れが出た場合には「遅延損害金」を請求されることがあります。このよう小さなミスで無駄な支払いを課せられないように心がけ、返済金額を間違えないように再度確認するようにしましょう。

臨時収入はすべて借金に回す

借金返済を月5万円にするには、できるだけ支出を減らすようにすることが大切ですが、それと同時に臨時収入があった場合は別の目的で使わず、借金返済に回すようにすることが効果的です。
臨時収入が少しである場合、無理して借金返済に回さなくてもよいだろうと考えがちですが、借金返済への心がけの根源は「無駄なお金はできるだけ使わないようにする」です。

無駄なお金を使わないようにする習慣をつけることこそが、借金返済をスムーズに継続するコツでもあるのです。月5万円の返済が厳しい月は、臨時収入でカバーするように心がけて下さい。加えて最低限の貯金はするように習慣づけるとさらに良いでしょう。

金利を減らすために借金の一本化する

借金の返済額「月5万円」が現状のところ厳しい場合は、銀行や信用金庫などの金融機関で借金を一本化(おまとめローン)することをおすすめします。借金の一本化は利息を減らすために効果的な手段で、裁判所に足を運んで法的な手続きをとる必要もありません。利息を減らすことができれば全体での借金の額も減るため、月の返済額「5万円」が実現できるかもしれません。

ここで気を付けたいことは、銀行は金利が高く、思っていたよりも金利が下がらない場合があることです。金融機関で「加重平均金利」を算出し、金利が高くならないところを選ぶようにしましょう。

借金が増えてしまったら「債務整理」を行おう

借金の返済額を月5万円にするためにはできるだけ金利を抑え、借金総額を軽減する必要がありますが、借金が予想以上に増えてしまった場合は「債務整理」を検討しましょう。

債務整理には4種類あり「任意整理」「個人整理」「特定調停」「自己破産」があります。それぞれ債務者の状況や事情によって選ぶべき手段が異なりますが、法的な手続きが必要なケースがほとんどのため弁護士や司法書士などの専門家に相談した方がよいでしょう。

現状で月5万円の返済が厳しくても返済の目途が立てば気持ちも明るくなるに違いありません。手続きには費用がかかりますが、借金の返済を前向きに考えるなら「債務整理」はベストな選択だと言えるでしょう。

借金返済を早める2つの心がけとは?

新しい借金をつくらない

借金返済を早める心がけとして大切なのは「新しい借金をつくらない」という強い決心です。封数のローン会社に借金がある場合、借金のある生活に慣れてしまっていることがあります。借金が増えてしまっても「他でまたお金を借りればよい」と自分を甘やかしてしまう傾向があるのです。

借金返済をスピーディに行いたいなら、もう二度と借金をつくってはいけません。それ以上に返済に対して前向きな行動を起こし、借金返済の期間に猶予をもらったり金利を減らしていくように心がけましょう。

金利は「損」であるという意識を持つ

借金は元金と利息の二つの項目が合わさっていることを忘れてはいけません。借金は借りたお金の他に「金利」というものが上乗せされますが、金利は自分の借りたお金ではなく、ローン会社の手数料となるべきものです。

金融機関でお金を借りると金利が上乗せされるのは当然ですが、金利は債務者にとって「損」であるということを意識することが大切です。そうすれば借金への意識も変わり、返済に向けて有効的な手段を考えるようになるでしょう。

人はさまざまな状況で生活しているため、やむなく借金をしなければならないこともありますが、できるだけ無駄な金利をカットしスピーディに返済を行いたいものです。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る