借金から解放されたい!借金返済を早く終わらせるための優先順位

借金から解放されたい!借金返済を早く終わらせるための優先順位

89view

2018.09.11

借金返済を早く終わらせる優先順位

借金を更にしない

借金返済を早く終わらせる優先順位はとしては、さらなる借金をしないようにしなければなりません。借金がいつまでも終わらない人の特徴として、借金返済を続けてきて借金総額が減ってきたら、また新たな借入をしてしまうという特徴があります。

「今までも返してきたし、借金総額もだいぶ減ってきたので少しくらいいか」と考えるのです。しかしこれではいつまで経っても借金返済は終わりません。まずは新たな借金をすることをやめなければなりません。

新たな借金をしない方法としては、使っていないクレジットカードを解約する方法があります。「困ったらあのクレジットカードがある」そうした考えをしないことで、お金の使い方は改善されていきます。

返済方法を見直す

借金返済を早く終わらせる優先順位としては、次に返済している方法を見直してください。特にリボ払いにしている方は注意です。リボ払いは毎月決まった額を返済していく仕組みで、月々の返済額が少ないというメリットがあります。

しかし月々の返済額が少ないということは、元金がわずかしか減っていないということです。元金がわずかずつしか減っていきませんので、借金返済の期間は長くなります。例えば、年率15%で借金を20万円して、毎月5,000円ずつ支払っていくと、40か月も完済までかかってしまいます。支払総額は250,914円で、総額50,914円もの金利分を支払うことになります。

返済を少しでも早く終わらせたいなら、毎月の返済額を少しでも多くしてください。月々の返済を多くすることで完済までの期間は短くなるでしょう。さらに、余裕があるときには、繰り上げ返済をしてください。繰り上げ返済をして元金を減らすことで、トータルに金利分は少なくなりますし、完済までの期間も短くなるでしょう。

また、ローンをまとめるという方法もあります。金利の低い銀行系などのおまとめローンを利用して、金利の高いクレジットカードのキャッシングや消費者金融の借金を終わらせるのです。金利が低い分、借金返済は早く終わることになります。ただし、借金返済が滞っていたりすると、おまとめローンを契約できない可能性もあります。

債務整理を行う

借金返済を早く終わらせる優先順位として、自分の力で返済が難しくなったら、債務整理を行うことです。債務整理には、主に任意整理、個人再生、自己破産があり、深刻さに応じて使い分けます。

任意整理は、取引開始時に戻って利息制限法の上限金利である15~20%で計算し直して借金を減額し、原則元本を3年で支払う制度です。利用制限法の上限金利で計算し直した結果、過払い金が発生していることがわかる場合もあります。そうなれば借金は完済になり、払い過ぎたお金が戻ってくるのです。

個人再生は、おおむね借金の総額が1/5になり、その金額を3年で払っていけば残りの借金がなくなる制度です。毎月の返済額は大幅に減って、3年後には借金がなくなるのです。

債務整理の最終的手段として、自己破産もあります。自己破産の手続きをして裁判所に免責が認められれば、借金返済をする必要はなくなるのです。もちろん自己破産は新たな借入が7年間できないなどデメリットもあります。債務整理はよくわかった上で利用するのがよいでしょう。

優先順位を知って借金返済を早く終わらせよう!

借金返済を早く終わらせたいなら優先順位を知ることは大切です。まずは、新たな借金を作らないようにしましょう。クレジットカードを多く持つと、新たな借金をしてしまう原因となってしまいます。使っていないクレジットカードは解約しましょう。

借金の返済方法を見直すことも重要なことです。特にリボ払いは、返済期間が長くなりがちです。借金返済を早く終わらせたいのなら、リボ払いの毎月の返済額を多めにするか、余裕のあるときには繰り上げ返済をしましょう。

また、債務整理も借金返済を早く終えるよい手段です。債務整理は種類もあり、よく理解して利用しなければ、不便さも感じます。債務整理は、弁護士や司法書士といった法律の専門家に相談して行うことをおすすめします。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る