借金返済のコツは節税効果を狙うよりも債務整理がおすすめ!

借金返済のコツは節税効果を狙うよりも債務整理がおすすめ!

27view

2018.09.11

借金が節税対象になるケースとは

住宅ローン

一般的なサラリーマンが借金を抱えている場合、返済額分を控除にしたいと考える人は多いです。高額な借金を抱えている人なら控除額が大きくなって課税所得を減らせますし、それによって所得税や住民税を下げて節税可能に。しかし、残念ながら借金の返済額を控除にして節税するのは不可能です。

ただし住宅ローンを抱えている場合は、「住宅借入金等特別控除」という制度を利用することができます。ケースによって年間40万円の控除が適用されるので、サラリーマンで住宅ローンの借金を抱えている場合はこの制度を利用してください。そのためにはいくつかの条件をクリアする必要があるので、紹介しましょう。

ローンの返済期間

住宅ローンで控除を受けるには、ローンの返済が10年以上に設定されていること。返済期間が10年以内の場合は控除が適用になりません。

1年間の合計所得

年間の合計所得が3,000万円以下であること。サラリーマンならほぼこの条件はクリアできると思われますが、もし年間所得が3,000万円以上の場合は控除が適用されません。

住宅の床面積

住宅に関する条件もあり、床面積が50平方メートル以上であること。この場合は床面積の半分が居住用として使われている必要があります。またローンを利用して建てた住居に実際に住んでいることも条件に含まれます。

本業以外の副業がある

サラリーマンでも本業の他に副業をやっている人は、借金返済を節税につなげることが可能です。例えばアパートやマンションの一室を利用して不動産投資をしている人で、本業の収入とは別に家賃収入がある場合など。このようなケースでは確定申告をすることで、借金の利息分を経費にすることができるのです。

ただし経費となるのは利息分のみで、元本の返済金額は認められません。経費として認められるためには条件があり、生活費のための借金は不可。しかし、副業のために車を購入したなどの場合はカーローンの利息分について経費になります。

節税対策のための借金はバツ

ご紹介したように、借金返済を節税につなげるのは限られたケースのみです。副業で認められるのは借金返済額の利息分だけなので、控除の額も高が知れています。このように考えると、節税対策として借金するのは間違いでしょう。

もしも多額の借金を抱えているのなら、節税効果を考えるより債務整理を利用した方がスムーズに解決できるかもしれません。

債務整理をしたい時のおすすめ法律事務所

街角法律相談所

「街角法律相談所」の特徴は、匿名で無料相談ができることです。借金解決診断シミュレーターがあるので、10秒で診断チェックが可能に。さらに借金によって任意整理、個人再生、自己破産、過払い金の相談までオンラインでサポートが受けられます。無理のない返済プランを提案してくれる便利さから、毎月3,000人がこの相談所を利用しています。

5つの質問に答えるだけなので誰でも簡単に利用可能。しかも24時間相談受付しているので利用しやすいです。

弁護士法人 サンク総合法律事務所

多額の借金返済を迫られると誰でも悩み苦しみます。そんなときは1人で考えるより、弁護士事務所に相談するのが最善のやり方です。「弁護士法人 サンク総合法律事務所」は無料相談窓口があり、24時間365日対応。しかも借金返済問題専門相談員がいるので、適切なアドバイスを受けられます。

債務整理を依頼すれば借金の督促が即ストップに。もう1人で苦しまなくても済みますね。「弁護士法人 サンク総合法律事務所」では初期費用がゼロ円で分割払いも可能なので、お手持ちがなくても安心して債務整理の相談ができます。

そうや法律事務所

借金返済で辛いのは度重なる返済の催促です。「そうや法律事務所」では債務整理の依頼を受けたら、最短即日で返済・督促がストップ可能。しかも手持ち資金がなくても相談はゼロ円、弁護士費用は分割払いができるので困ったときにおすすめです。

弁護士事務所はたくさんありますが、「そうや法律事務所」は借金問題に特化した事務所なので安心して任せることができます。借金問題専門なので金融会社との交渉ノウハウが豊富で、相談者にとって一番良い解決法を提案してくれます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る