債務整理で財形貯蓄はどうなる?知っておくべき借金返済のコツ

債務整理で財形貯蓄はどうなる?知っておくべき借金返済のコツ

23view

2018.09.11

財形貯蓄している人が借金返済をする場合

債務整理をすると財形貯蓄はこうなる

将来の生活設計のために会社で財形貯蓄をしている人はたくさんいます。財形貯蓄は毎月の給料から天引きされるので、確実に貯蓄ができる便利な制度です。意識しなくても自動的に貯蓄に回されるため、無駄遣いの多い人にはおすすめでしょう。

では、借金が嵩んでしまって仕方なく債務整理する場合、このような財形貯蓄はどうなるのでしょうか?実は債務整理のやり方によって財形貯蓄の取り扱いは違ってくるのです。個別に説明しましょう。

任意整理の場合

任意整理というのは債務整理の中でも最も軽い処置になります。借金の総額がそれほど多くなく、毎月の返済額を調整すれば何とか返済を続けられる場合に適用されます。

このような任意整理の場合は、財形貯蓄を処分せずに温存することが可能。というのも任意整理というのは財産を処分するのではなく、借金の返済計画を見直すためにあるからです。現行の返済額を圧縮することによって、より返済がしやすくするのが目的。そのため任意整理の場合は、財形貯蓄をそのまま続けることができます。

個人再生の場合

個人再生というのは任意整理と似ていますが、間に裁判所が入ります。裁判所の調停によって借金を返済しやすいようにするので、基本的には財形貯蓄を取り崩したりすることなくそのまま続けられます。

ただし裁判所に財形貯蓄の残高を報告する義務があるため、きちんと行う必要があります。財形貯蓄の残高証明は、貯蓄している銀行に発行してもらうことが可能です。

自己破産の場合

債務整理で最も厳しい処置が自己破産。これは身の回りの生活必需品を除き、財産を処分して借金の返済に当てる方法です。財産処分が目的となるので、当然財形貯蓄も処分の対象になります。

ただし100万円までは自由財産として手元に残せるので、財形貯蓄を解約するかどうかは残高の金額によって決まります。財形貯蓄の残高が100万円以内なら、自己破産してもそのまま貯蓄を続けることが可能。それを越える場合は、債務整理を依頼する弁護士に相談することが大事です。

借金返済に役立つ財形貯蓄とは

財形貯蓄には3つの種類があります。住宅財形貯蓄、年金財形貯蓄、一般財形貯蓄です。それぞれ住宅購入費や年金積立が目的ですが、特に目的が決まっていないのが一般財形貯蓄。実は財形貯蓄を借金返済に活用できる方法があるのです。そのやり方について説明しましょう。

住宅財形貯蓄を利用する

住宅を購入するための積立が住宅財形貯蓄ですが、これを使って住宅ローンの返済に充てることができます。借金が重なって債務整理する場合で多いのが、住宅ローンの支払いが負担になるケースです。

このような状況に陥る前に住宅財形貯蓄を解約して、そのお金で繰り上げ返済した方が住宅ローンの支払いが楽になります。繰り上げ返済によって返済総額を減らすことができますし、余計な借金をせずにすみます。

財形貯蓄を担保にした融資を利用する

財形貯蓄があると、通常よりも低金利で融資を受けることが可能です。消費者金融などの借金がある場合、債務整理に追い込まれる前に財形貯蓄担保融資を利用して借入をすれば借金を完済できます。消費者金融よりも金利が低くなるので、毎月の返済も楽になります。財形貯蓄をしていて借金がある場合はおすすめできる方法です。

財形貯蓄の処分について相談できる事務所

弁護士法人 東京ロータス法律事務所

「弁護士法人 東京ロータス法律事務所」は全国対応で通話料無料となっているため、財形貯蓄がある場合の債務整理相談などに便利です。休日も対応しているので平日は仕事が忙しい人にもおすすめ。

借金返済はそれぞれの事情によって解決法が異なるので、十分な実績とノウハウのある「弁護士法人 東京ロータス法律事務所」なら安心して相談して任せることができます。

弁護士法人 サンク総合法律事務所

債務整理をしたいのにどこに相談したらいいかわからない場合におすすめなのが「弁護士法人 サンク総合法律事務所」。24時間365日無料相談を受け付けています。しかも借金返済問題専門の相談員が対応してくれるので、債務整理における財形貯蓄の処理方法など的確なアドバイスも受けられるでしょう。

債務整理すると全ての財産を失うと思われる方が多いですが、「弁護士法人 サンク総合法律事務所」に相談すれば将来の生活設計に必要な財形貯蓄なども続けることができる場合もあります。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る