債務整理も念頭に!毎月の負担を減らすための借金返済のコツとは

債務整理も念頭に!毎月の負担を減らすための借金返済のコツとは

85view

2018.09.11

借金返済を進める5つのコツ

返済日を把握する

クレジットカードのキャッシングでも金融機関のローンでも、借金の種類は色々あっても必ず毎月決められた返済日があります。もしも返済日を忘れてしまって振り込みをしないでいると、借金している債権元から催促の連絡が来ます。催促が来てからお金の振り込みをした場合、返済日から遅れての支払の時に追加で支払わなければいけない遅延損害金を支払わなければいけません。

借金の元本に加えて利息、さらに遅延損害金も支払うようになると、さらに借金の負担が重くなり、完済が遠のいてしまいます。よって、借金の返済日は必ず把握しておき、振り込み忘れがないようにしましょう。

元本を減らすための返済計画を立てる

借金をしていると、元本に加えて高い利子を支払わなければいけません。毎月利子の支払いだけを行っていると、元本は全く減らせないため、いつまで経っても借金返済ができないことに。まず、毎月〇万円ずつ支払えば元本も減らせる、という借金の返済計画を立ててから返済を行うようにしましょう。

さらに、借金返済のための振り込みは給料日のすぐ後など、収入があればすぐに借金返済に回せるようにしましょう。毎月の生活費の中で、余っている分があれば借金の返済に充てる、というスタンスではいつまでも借金返済ができないので注意しましょう。

複数の借金を作らないようにする

今既に借金返済をしている最中は、新しく借金を作ってはいけません。金融機関だけでなく、知り合いから借りるなどの借金ももちろんNGです。借金の借入元を複数持っていると、どこからいくらくらい借りているか、あといくらぐらい借金返済をしなければいけないかなどが把握しにくくなってしまいます。

また、既に複数の借金があってどのくらいの返済額があるか分からない時には、借金の借入元の一本化や、さらに利息の少ない金融機関への借り換えを検討するのもおすすめです。

借金を当たり前にしない

お金が無くなったらまた借りればよい、と借金するのが当たり前の生活になっていると、借金返済を行っても新しい借金が発生するため、いつまでも借金を抱えている状態から抜け出せません。借金ありきの生活ではなく、借金をすることは決して当たり前ではないと意識を変えることも必要です。

もしも、借金の原因がギャンブルや買い物など一定の行動を繰り返すことによって起こしていた場合には、依存症などの精神疾患を併発していることも多いです。この場合は、依存症の治療も借金返済と並行して行わなければ、借金を完済してもまた新しい借金を繰り返すことになります。心当たりがある場合には、心療内科なども同時に受診しましょう。

債務整理も念頭に入れておく

借金返済のめどが立たない時や、自分があとどのくらい返済して良いのか分からない時、借金の返済で生活にも支障が出ている時には、債務整理も念頭に入れましょう。債務整理というと、自己破産が良くイメージされがちですが、債務整理には自己破産のほかにも、個人再生や任意整理もあり、それぞれのメリット、デメリットがあります。

借金返済で困ったら弁護士へ相談しよう

借金返済のコツが分かっても、実際に実行できなければ借金の完済には繋がりません。また、借金の一本化や借り換え、債務整理を検討する時にも自分自身の判断で行うには手間や労力もかかります。

借金返済で困っている時や、債務整理も検討している時には、借金問題に強い弁護士へ相談するのがおすすめです。特に、長年の借金返済に悩んでいる場合には、過払い金の返還請求ができて借金返済の負担が軽くなる可能性もあります。

さらに、借金問題に強い弁護士なら、債務整理をする際にも一番良い方法を提示してもらえます。借金の理由によっては怒られるかもしれない、と不安になる人もいるかもしれませんが、もちろん弁護士は借金を責めたりするようなこともしません。初回の無料相談を実施している弁護士もいますので、上手に活用しましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る