繰り上げ返済による借金返済の方法とそのメリットとは

繰り上げ返済による借金返済の方法とそのメリットとは

80view

2018.09.11

繰り上げ返済とは?

なぜ繰り上げ返済するのか

住宅ローンやカードローンを返済中の人はできるだけ早く完済したいと思っているはずです。残りのローンを一括で払えないにしても、ある程度貯まった準備金で繰り上げ返済すればその後の利息が少なくなります。

そのことで月毎の返済金額が少なくなるし、返済する期間も短くすることも可能になります。毎月の返済額は元金と利息の両方に関わっていますからどちらにも充てられます。しかし繰り上げ返済だと元金にのみに関わっていますから元金のみに充てることになります。

ですから元金にかかる利息が一気に減る方法だといえます。繰り上げ返済することで、トータルで支払う利息が減らすことができますから、返済を進めるためには繰り上げて返済することを積極的に利用した方がいいでしょう。

繰り上げ返済にはどんな種類がある?

繰り上げ返済の種類には借入残高を部分的に支払うものと、借入残高の全部を支払ってしまうという方法と2種類あります。そして繰上げ返済には、期間短縮型という返済方法と返済額軽減型という返済方法があります。それぞれのメリットとデメリットがありますからどちらが自分に合っているかを良く考えて利用するようにしましょう。

期間短縮型は、繰上げ返済によって返済する期間を短くすることができます。期間短縮型のメリットは利息の軽減率が大きいところでしょう。しかし毎月の返済額そのものは繰り上げ返済をする前と同じですから、月々の負担額は変わりがありません。期間短縮型を選ぶときは、お金に余裕がある場合に利用するのがいいでしょう。

一方、返済額軽減型は、利息軽減の効果が小さいのですが、繰り上げ返済後の毎月の支払いを少なくすることができます。ですからその分負担が軽減されるというメリットがあります。月々の返済額が少なくなりますから、家計にゆとりができて子供たちやレジャーなどへの出費に充てることができるでしょう。

効果的に繰り上げ返済するには

キャッシングの繰り上げ返済のメリット

キャッシングでのサービスを利用する場合、残高リボルディング方式という返済方法を取り入れているのがほとんどです。カードローンやキャッシングサービスでは特に繰り上げ返済を有効に利用するべきでしょう。

リボ払いは借入している残高が少なくなると毎月の返済額は少なくなります。しかし返済額が少なくなるほど契約期間が長くなるようになっています。毎月の返済額が少なくなっても、繰り上げ返済を利用して返済していけば計画通りに完済することができます。

早めの繰上げ返済はほんとうに有利なのか?

ローンの返済中に早く繰り上げ返済した方が、元金利息が少なくなります。ただ住宅ローンの場合は住宅ローン控除や団体信用生命保険のことを入れて考えるべきであり、早く返済した方がいいとは限らないケースもでてきますから、充分に考えてから返済をした方がいいでしょう。

繰り上げ返済のリスク

繰り上げ返済によるメリットは大きいものがありますが、注意したい点もいくつかあります。繰り上げ返済する事の良い点ばかりに注意が向いてしまって、それまで貯蓄してきた大半を繰上げ返済に充ててしまうと、子供が進学した時の費用などで必要な時に貯蓄がなくて、新たなローンを組まなければならなくなります。

繰り上げ返済をし過ぎて他のローンを組むというのは、まさに本末転倒というものです。また夫の給料が減額されたり、予定外の出来事に対応できるように、ゆとりをもって繰上げ返済をしたいものです。

理想的な繰り上げ返済

リスクを極力抑えた理想的な繰り上げ返済でおすすめしたいのが、「毎月少しずつでも繰上げ返済していく」というものです。この方法は利息軽減の効果は小さいかもしれませんが、毎月少しずつ返済していくことは、期間短縮型のように一気に返済するのと同じように利息を少なくすることができます。

この方法のメリットは、急な出費や収入の低下などにも対応できることです。ローンは、繰り上げ返済によって利息が少なくなったり、完済を早くしたりできますが、焦る必要はありません。家計の状況に合わせて無理がないように計画しましょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る