借金返済のコツ!一括返済で早く完済するためのポイント

借金返済のコツ!一括返済で早く完済するためのポイント

148view

2018.09.11

一括返済のメリット

カードローンでお金を借りることになったものの、なるべく最短で完済したいという人は少なくありません。短期間で返済する方法としては

  • 返済額を高めに設定する
  • 一括返済する

の2つが考えられます。返済額を高めに設定すればハイペースで完済することができます。一方で一括返済はお金に余裕ができたら一気に返済してしまう方法です。

一括返済は借金の残りをまとめて返済しますので、本来払うはずの利息をカットすることができます。これによって支払総額を抑えることができます。たとえば、借り入れた次の月の給料で一括返済してしまえば、1ヶ月程度の利息を支払うだけで済みます。

返せるタイミングで一気に完済してしまえば、以降の利息を払わなくて済むわけですから無駄な利息を払いたくない人にはおすすめの方法です。

一括返済の方法

一括返済する場合は、金融機関に一括返済する旨を伝え、一括返済日を決定します。一括返済日を決めることでその日までの利息を計算していくら払えば良いのかを教えてくれます。この一括返済日はとくに決まりはありません。毎月返済している約定返済日、自分の給料日、ボーナス日など自由に設定できます。

返済手段はコンビニATMへの振込もありますが、ネットバンキング、店頭窓口などカードローンによって異なるので確認しておきましょう。

一括返済での注意点

一括返済にはいくつか注意点があります。知らずにいると損をしてしまうこともあるので確認しておきましょう。

一括返済したら解約というわけではない

カードローンというのは借入枠というものがあります。たとえば、50万円の借入枠がある人が30万円借りている場合、借入枠は残り20万円です。そこから30万円を一括返済した場合、借入枠が50万円に戻るのです。つまり、借入枠が回復するだけであり、完済しただけでそのカードローンを解約になるわけではないということです。

おつりが出ないことがある

一括返済でATMを選ぶ人が多いですが、ATMは硬貨の入金ができないため、1,000円単位で返済することになります。利息の計算は1円単位で行われるので、当然端数が出てしまいます。

余分に払いすぎたお金は「金融機関預かり」という形です。そのため、払いすぎた分は指定の銀行口座に振り込んでもらうか受け取りに行く必要があります。少額であればとくに何も起こりませんが、万単位で余分に払いすぎてしまった場合は金融機関から家に連絡が行く可能性があります。

家族に内緒で借りて頑張って一括返済したのに、金融機関から連絡が来てバレるというケースもあるので注意しましょう。

一括返済に手数料が必要な場合もある

金融機関によっては一括返済に手数料が発生する可能性があります。だからといって一括返済しないという選択肢はありません。今後利息を払い続けることに比べれば一括返済の手数料は微々たるものです。

しかし、最初から一括返済するつもりでカードローンを契約するのであれば、一括返済で手数料がかからないところを選ぶようにしましょう。

過払い金が発生している場合はもっと早く一括返済できるかも

長いこと返済を続けている人の場合、過払い金が発生している可能性があります。過払い金請求で余計に支払った利息が取り戻せれば借金残高を大幅に減額することができるはずです。そうすれば、一気に残りの借入金を返済できるかもしれません。過払い金の計算は素人には難しいので、長期返済している場合は弁護士に相談してみましょう。

一括返済で支払総額を抑えよう

なるべく利息を支払いたくないのであれば、一括返済は有効な手段です。一括返済をすればそれ以降の利息を支払わなくて済みます。一括返済にはATMや銀行振込などの方法がありますが、ATMは硬貨の取り扱いができません。お釣りが出てもその場で受け取ることができないので、ぴったり支払いたい場合は店頭窓口、もしくは銀行振込で返済するようにしましょう。

過払い金請求ができそうな場合はまず弁護士に相談してみて、利息の引き直し計算をしてもらいましょう。過払い金請求できれば残額を一括返済することもできます。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る