借金返済中の貯金はどうする?バランスや大切なポイントとは?

借金返済中の貯金はどうする?バランスや大切なポイントとは?

108view

2018.09.11

借金中にも貯金することはできるの?

返済とのバランスを考えれば対応可能!

借金をしていると、一刻も早く返済したいと考えるのは自然なことでしょう。借金すると利息も込みで返済する必要がありますし、何よりも借金しているのですから貯金する余裕なんてないと考えてしまいます。ただ、物理的には借金を返済しながらも貯金することは可能です。

借金の額にもよりますが、返済時には最低限の返済額というのが決まっているのが一般的です。その額さえ払えば、あとは自由にお金を使うことは可能なのです。ただ、有り金をすべて使ってしまうと、また何かの拍子でお金が足りずに借金してしまうリスクもあります。その点も考慮して、借金しつつも貯金することをおすすめしたいです。

収入とのバランスも考慮!

他にも、借金の返済をしながら貯金をするときに考えるべきことは、収入とのバランスです。得た収入の中から、まずは借金の返済分を差し引きます。その後、余ったお金の中から生活費など毎月必要なものを引いていき、残ったものを交際費や貯金に充てるようにしましょう。

収入については、安定して得ることができる方もいれば、日雇労働のようにいつ収入が途絶えるかがわからないケースもあります。その場合は、有り金をすべて使うのはとても危険で、何かあった時の蓄えをより重視して家計をやりくりする必要があります。そのためにも、貯金をしておくといざというときにも安心なのです。

借金中は、節約についても工夫していくことが重要です。考え方をゼロベースにして、支出について要否を吟味して切り詰めるところは切り詰めていくことで、収入は増えずとも使えるお金を増やすことが可能です。くれぐれも、ギャンブルで形勢逆転するという考えだけは持たないようにしてください。

貯金することのメリットとデメリットは?

貯金することのメリットは?

借金の返済中に貯金を行うメリットとしては、先に紹介したいざというときの安心感があります。一般的には、貯金としては生活費の3ヶ月以上は常にキープしておくべきとされています。これは、不意な病気などが発生し入院して収入が途切れても、最低限の生活をするための資金を確保できるためです。

また、年齢を重ねていくと何かとイベントも増えていきます。例えば、友人の結婚式に出席するために、ご祝儀が必要になることがあります。他でも、親族の冠婚葬祭により香典を用意する必要もあります。このようなときに、お金がなくて対応できないとなるのは問題でしょう。これにより、更なる借金をするのも本末転倒な話です。

その点でも、借金しつつもお金を蓄えていくのは大事なことですし、メリットがあるのです。浪費癖がある方の場合、貯金も上手くできないという方も多くいらっしゃいますが、そんなときにおすすめの方法として財形貯蓄があります。財形貯蓄とは、毎月の給与から一定金額を貯金に回せる制度のことです。

借金を返済しているようなイメージで、自動的に差し引かれるので意識せず貯金ができる点が良いです。

貯金することのデメリットは?

貯金することのデメリットとしては、借金の返済が遅れてしまう点です。貯金しているお金をそのまま返済に回せば、単純に返済額が増えるので、早く返済することが可能です。また、借金した時の利息も問題となります。

今の御時世、貯金しても0.1%程度の金利しか付かず、雀の涙という表現も過言ではありません。逆に、借金の金利はカードローンでは最大15%程度、消費者金融では最大18%と、その差は歴然です。よって、借金をなるべく早く返済しておく方が良いといえます。

また、貯金の場合は強い意志を持って行わなければ、意味がないという側面もあります。ただ銀行口座に預金しておくだけでは、いつ引き落として使用するかわかりません。貯金したものは絶対に手を付けないという意識で貯金するのであれば良いのですが、ただ何も考えないで貯金するのは危険です。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る