借金返済の最初のコツは収入と支払のスケジュールを把握すること

借金返済の最初のコツは収入と支払のスケジュールを把握すること

105view

2018.09.11

効率よく返済するにはまず返済スケジュールづくりから

借金を1社からだけしかしていない場合は、まだまだ借金返済が苦しいという状況にはなりにくいはずです。1社だけなら、そもそも借金の限度額があるので借金総額としても比較的まともな状況ですし、返済日も毎月1回に決まっているからです。その程度であれば、何日までにいくらお金を用意しておけばよいか、という計算も簡単ですし、返済を習慣づけるのも難しくありません。

借金返済がややこしくなり、困難になってくるのは、複数社からの借金がある場合です。どこにいくら借金があってそれぞれの返済日と毎月の金額がいくらなのか、といったことが把握しづらくなります。そのため、いつでも借金返済に追われているような気になり、返済にもだんだん余裕がなくなってくるのです。

そのうち、うっかり支払日を間違えて遅れてしまうこともでてくるでしょう。そうなると、延滞利息もかかりますし、気持ち的にも更に追い込まれてきます。このような状況に陥る前に、返済のスケジュールを目に見える形で作成することをおすすめします。

表計算ソフトでも、カレンダーに手書きでも構いません。どこの会社にいくらの返済が、何日にあるのかを可視化するだけでも、手元のお金のやりくりが変わってきます。

もう1つスケジュールを可視化することのメリットに、借金返済の意欲が高まりやすいという点もあります。スケジュールも立てずに漠然と支払っていると、いつまで払い続けなくてはならないのかわからずストレスが溜まります。例え完済予定日がまだまだ先でも、目に見える形にしていれば、着実に1歩進んだことがわかります。

それぞれの会社の借金の残金や、ゴールの見通しを明らかにすることは、借金返済にとても重要なことなのです。

少しでも早く完済するために工夫をしよう

スケジュールを作り、先の見通しを明らかにするだけでも借金返済は気持ちが楽になります。ゆとりができてきたら、次は返済を早く終えるための方法を検討しましょう。

返済を早く終えるには、繰り上げ返済を行います。毎月の返済金額は、利息と元金に分けて充当されます。ところが、繰り上げ返済分は全て元金に充当されるので、その分後々の返済スケジュールも楽になります。毎月の支払がきちんとできるようになったら、この繰り上げ返済の金額や回数を増やし、早期の完済を目指しましょう。

繰り上げ返済を行うには、2つのポイントがあります。それは、繰り上げ返済のためのお金をどうやって工面するかということ、もう1つは複数の借金のどれから繰り上げ返済をしていくかということです。

お金の工面の方法ですが、収入が増えるのが一番楽ですが、これはそう簡単にはいきません。もし、返済期間中に昇給、昇進するようなことがあれば、増えた給与は全て返済にあてましょう。お小遣いを増やそうなんて考えは、借金返済の後です。

収入の増えるあてがなければ、毎月の固定費を削減することを考えましょう。携帯電話の契約プランの見直しで数千円減ることもあります。光熱費も少しでも減るように工夫しましょう。電気の自由化のおかげで、契約会社やプランを変えることでも節約ができるかもしれません。

他にも交際費や遊興費を見直すことで、いくらかお金の都合ができます。借金返済中だからとあまり切り詰めすぎると、ストレスになることもあるので程々が肝心ですが、自分を甘やかさないために、いろいろと我慢をすることも必要でしょう。

繰り上げ返済の相手は、金利の高いところから行うのが基本です。高金利の借金の元本を減らすことができれば、返済総額のダウンへの影響も少なくないからです。でも、完済予定日が遠くない借金先があれば、そこから返済を優先するのもよい方法です。

毎月の返済先が1つ減れば、スケジュールにも余裕がでてきます。返済先が減った分を、別の会社の繰り上げ返済にすれば、毎月の返済総額は変わらないまま繰り上げ返済が進んでいきます。

返済先が減れば、おまとめローンへの借り換えもやりやすくなるというメリットもあります。どちらのメリットが大きいかは、綿密に計算してみるしかありません。難しければ借金を専門にしている専門家へ相談してみてもよいでしょう。

このコラムが気に入ったら
ぜひ「いいね!」をお願いします♪

みんなに役立つ情報をお届けします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あわせて読みたい関連コラム

掲載中のコラムを見る